1. ホーム
  2. めがね先生の思い
  3. 常に骨格のプロフェッショナルでありたい

常に骨格のプロフェッショナルでありたい

※この動画は当院が行う施術とは異なります。

【閲覧注意】下記の動画は「私が行った手首の骨折治療の様子」です。折れた骨を引っ張って正しい位置に戻すという痛々しい動画ですので、閲覧にはご注意ください。動画の下にはレントゲン画像もあります。苦手な方はご覧にならないようにお願いします。

動画の患者さんは、転んで手をつき手首が反対に折れ曲がっています。強い痛みや腫れがあり、そのままの状態でいると折れた骨の端が神経や血管を傷つける恐れがあります。

▼手首の骨折治療【動画】

すみやかに正しい骨の形に戻さないといけないという状態に対し、愛護的かつ正確に、出来るだけ痛みを与えないように行いました。 戻すときはどうしても痛いのですが、骨が正しい位置におさまって正しい固定がされると痛みはだいぶ落ち着きました。

▼レントゲン画像

橈骨遠位端骨折の整復後のレントゲン画像

(左)治療後 ←(右)治療前
治療前は手首の骨が折れて手の甲側に手のひらが落ちて腕が短くなっています。 断端が尖り血管や神経を傷つけるおそれがあります。 治療後は腕の長さが戻っています。骨の両断端を合わせるため少しだけ手のひら側に傾けています。この時に傾けすぎると障害がでてしまいます。

一見当院の施術とは関係のないように思われますが、実は深い関係があります。折れた骨を戻すにも、骨格の不具合を改善するにも、人体の構造をしっかり理解して行うという点で共通しているからです。

私が施術する際に意識していたことは、基本的に脱臼の時と一緒です。
❶数枚のレントゲン画像をみて得た平面の情報を、頭の中で立体にイメージする
❷そのイメージを描いたまま患者さんの外れた骨の先端を触りイメージと実物を一致させる、神経や血管の位置を把握し傷つけない
❸患者さんの負担や二次的損傷がないよう、どれほどの力加減でどの方向に引っ張りどう固定するかを考える
➍ギプス固定時には拘縮(間接の固まり)を軽減する角度調整、ギプス除去後は拘縮改善と再度骨がずれないようリハビリを行う

私はここで約束します。
●どれくらいの力加減で骨が折れるのかを知っているからこそ、無理な施術は行いません
●何万枚とあらゆる部位のレントゲン画像を見て施術した経験をもとに、外観と触診から骨格上の問題を見つけ改善策を提案します
●整形外科勤務で培った科学的根拠にもとづいた考え方で施術に当たります
お任せ下さい!