1. HOME
  2. 日々雑感
  3. 骨折後のリハビリ

後遺症を残さない為に

骨折をすると骨がズレます。そのままだと神経や血管を傷つけてしまうため早急に骨を元の位置に戻します。その後ギプスなどで固定をします。

どういう固定をどういう角度でどれくらいの期間行うかで予後が決まります。それらが適切であると固定を外した後のリハビリの成績も良くなります。

参考動画

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

左手首を骨折しギプス固定を一か月程度した結果、関節周囲の皮膚や筋肉等が固まっています。

全く動かすことが出来ず、動かすと強い痛みが出る状態です。ギプス除去後には、手術であろうと保存療法であろうと程度の差こそあれ、必ず起こるものです。

[上の動画]骨折して一か月後の様子(リハビリ初日)

[下の動画]骨折して二か月後の様子(リハビリ一か月後)

だいぶ動きが良くなりました。この方は、転んで手をついた際に骨折し手首が反対に折れ曲がっており、正しい位置に整復・固定する施術を行いました。

長いお付き合いになりましたが、今では手首が元通り動くようになりました。

こうしたリハビリは痛く辛いものなのですが、ご本人・ご家族が一生懸命頑張って下さったので改善に至りました。

整復から終了まで担当させて頂きました。信頼して頂けたのだと、嬉しく誇りに思います。

上記動画はギプス固定で固まった手首の関節でしたが、日常生活でも同じようなことが起きます。

慢性的な肩こりや腰痛、膝痛なども姿勢や習慣などで全身の筋肉を大きく頻回に動かさない為に起こります。自分で関節を固定をしているのです。

とはいっても闇雲に動かすのは逆に体を壊すこともあります。当院では正しく体を動かすことを集中的にご指導いたしますので、運動を始めようと思っている方はぜひ当院へお越しください。