1. HOME
  2. 身体の痛みの解消
  3. 外反母趾

外反母趾、手術に踏み切る前に

こんな症状で悩んでいませんか?

  • 足の親指が小指側に向ってしまう
  • 靴をはくと指が痛む
  • 歩くときに痛い
  • 何もしなくても常に足が痛い

めがね先生の整体院には外反母趾の患者さんが多く来院されています。

外反母趾とは足の親指が変形して外側(小指側)に曲がることです。外反母趾の曲がりがひどくなると痛くて普通の靴がですら履けなくなったり、足全体に変形が進んで、偏平足になったりするのです。

外反母趾の原因

外反母趾の解剖図

「外反母趾はハイヒールなどの靴が原因でおこる」と言われますが、恐ろしいことに外反母趾は進行すると、ヒールをはかなくても歩くだけで進行してしまうのです。

外反母趾と診断するために、整形外科では、親指が曲がっている角度を測り、足のレントゲンを撮影して、親指の骨の曲がった角度が15度以上だったら外反母趾と診断します。

その他にも

  • 「足の筋力低下」
  • 「靭帯のゆるみ」
  • 「先天的なもの」
  • 「大きすぎる靴の選択」
  • 「歩行」

上記のような事が原因となり、外反母趾になってしまうことも多いのです。

初期の状態では靴を履いたときに症状が出るが靴を脱いでマッサージなどをすると改善する場合もありますが、後期や慢性期になると何をしても痛みが取れず、母指の外反がどんどん小指に近づいていってしまいます。

治療は、変形の大きさに関わらず「痛い」と感じたら行います。外反母趾は重症化すると親指の関節が半分脱臼した「亜脱臼」という状態になり、親指が回転してしまいます。

この場合、放っておくとさらに変形が進行してしまうので、痛くなくても治療を行います。治療は大きく分けて2種類。保存療法と手術です。手術は最終手段ですので、基本的には保存療法から行います。

全身の関節のゆがみ改善が大事です。

当院では全身の関節を一つ一つ丁寧にチェックし、外反母趾の痛みを出している関節の柔軟性を改善していき早く痛みが取れるように施術します。

足関節のゆがみを整える

足関節にゆがみがある場合、理想的な足のアーチがつぶれてしまうことで母指が外反してしまう原因となりえます。

またこの場合は母指のゆがみを矯正しても原因である足関節のゆがみが残ってしまうので日常生活をしているとまた症状が出てきてしまいます。

足のアーチの再構築

足は小さい骨の集まりで出来ていますから、その骨を一つ一つ動きのある状態に戻すことで足のアーチが再構築されます。

重心の位置を正しい位置にする

母指や足関節がゆがんでしまう原因で最も多いのが重心のズレ。

重心がズレることによって下肢にかかる負担は大きくなってきます。

自分に対応できる負荷以上のものがかかると足関節をゆがませてしまうので、この重心のズレの原因である骨盤のゆがみを整えていくことが非常に重要になります。

筋肉の柔軟性を高める

体のどの部分でも同じなのですが、筋肉が緊張したままでは疲労がしっかりと取れない環境にあります。

自分の足に合わない靴を履いたとき、足の筋肉は疲労し早く休みたいと思いますが、緊張が強い状態では休めないのでずっと疲れたままになってしまいます。

筋肉を休めるためにもその筋肉の柔軟性を高められる環境づくりが大切です。

外反母趾の要因

歩き方

外反母趾患者さんの歩き方の特徴に、足指を使わないで歩く「ぺたぺた歩き」が見られます。足指を使わないので、足指まわりの筋肉は退化し、外反母趾が進行します。

外反母趾の根本的な治療には、歩き方を改善することにあると言われています。ハイヒールやつま先が細い靴は履かないのに外反母趾になる人がいるのは、このためです。

合わない靴

人間の足の裏は本来、横に並んだ5本の足の指の骨が横のアーチを、土踏まずの部分が縦のアーチを形成していて、立つ時や歩く時は、親指と小指の付け根とかかとで体重を支えています。

つま先が細くてヒールの高いパンプスなどの靴、つま先の幅が広く土踏まずがない真っ平らのサンダルなどの靴では、足指に力が入りません。すると筋肉がさらに退化し、足の正しいアーチ形がくずれ、外反母趾などの変形が進みます。

靴を変えたとしても、足指を使わずペタペタ歩いていていれば、外反母趾の症状は進行します。合わない靴は、外反母趾の根本的な要因というわけではありませんが、症状を進行させる要因と言えます。

運動不足

運動が不足することで足指周りの筋肉が退化し、外反母趾を進行させます。

遺伝

はっきりしたことはわかりませんが、足の形で外反母趾になりやすいなどと言われることがあります。 外反母趾はもともと患者数が多いため、遺伝が原因であるとは一概には言えません。

外反母趾を放置するとどうなるか

亜脱臼の見られる思春期の外反母趾を放置すると、約半数は変形が進行する。

小児期の片側の外反母趾では、成長と共に進行して両側性になることが多い。

成人の症候性(ある種の疾患に関係する)の外反母趾を放置すると、症状は改善しない。

日本整形外科学会 :外反母趾診療ガイドライン 2014改訂第2版

外反母趾を放っておくと、足が痛んだり、おしゃれな靴が履けなくなったりするだけでなく、全身に悪影響が出ます。悪化すると、歩くこともままならなくなります。

それに、ひどい痛みを伴います。素足でいても、ちょっとした日常動作が痛みを生み出すことにもなるのです。

重症になると、親指の付け根の関節が脱臼して、親指と隣の指が重なってしまいます。

歩行困難や腰痛、膝痛、更には頭痛なども引き起こします。また、足が痛くて歩けないので運動不足になり、それが原因で足腰や背中の骨や筋肉が弱くなり、骨粗しょう症などの原因にもなってしまいます。

外反母趾は歩き方など生活習慣も原因となってくるので、改善後も再発しないために予防が必要です。めがね先生の整体院には外反母趾の方が多く来院されています。外反母趾や足の痛みで悩み困ってる方はぜひ一度当院へご相談ください!

当院は「優しい整体」をします

ボキボキしない痛みのない施術です

「整体」というと骨をボキボキ鳴らすので痛そう、怖いと言うイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいますが、当院の施術は無理に身体を捻じってボキボキ鳴らすようなことはしません。

検査に重点を置き、骨一つ一つの歪みを確認し、正しい位置に整えます。その時にポキッという音が鳴ることがありますが、痛いと言うよりむしろ心地良いくらいです。

原因をしっかり検査してから施術を行います

外反母趾の原因がしっかりわからず施術をしてはあまり意味がありません。 単なるマッサージだけでも、すぐに元の状態に戻ってしまいます。 当院では何が原因で外反母趾になっているのか?をしっかり検査をして施術を進めていきます。 わかりやすい説明をすることを心掛けます。

予防法のアドバイスをします

もちろん施術をして楽になるとは思いますが、日ごろ何気なくしている癖、動作が外反母趾になっていくことも多いです。 めがね先生の整体院では施術の効果を高めたり、早期回復していただくために日常生活などのアドバイスを行っております。

施術後その場で効果を実感できます

ほとんどの人がその場で効果を感じることができます。 検査がしっかりしており、そこへの施術がしっかりと行なえているので、外反母趾が楽になったと実感できます。