1. HOME
  2. 身体の痛みの解消
  3. 腰痛

国家資格者による腰痛整体

こんなお悩みはありませんか?

  • 前かがみになると腰が痛い
  • 朝起き上がる時に痛い
  • 座っていて立ち上がる時に痛い
  • 腰から太もも、足のほうまでしびれ、痛みがある
  • 電気やマッサージをしたけどなかなか良くならない

腰痛は、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は増加傾向にあります(厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査)。

腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰痛の発症に関係しています。

腰痛の約85%は原因不明

腰痛の女性

腰痛症の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。

代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。

このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。

また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

腰痛になりやすい生活習慣

次の内容に1つでも当てはまる方は「悪い姿勢」や「歪み」を引き起こし腰痛を引き起こす原因となります

  • 前傾姿勢でいることが多い
  • 座った時に足を組む癖がある
  • きつい下着を着けている
  • 柔らかい布団で寝ている
  • カバンは同じ肩にかけている
  • 運動が嫌い
  • 長時間座りっぱなし
  • 重い荷物を持つことが多い
  • 肥満体型の人

当てはまることが多い方は腰痛になりやすいです。

姿勢と腰痛

「良い姿勢」というのは、骨と筋肉のいずれにも余分な負担がかからない状態です。 逆に「悪い姿勢」というのは、体の1ヶ所に大きな負担がかかり続ける姿勢です。

意外にも立位よりも座位の方が腰への負担が一番大きいのです。これは股関節が曲がり、腹筋がゆるむために、上半身の重さや動きを支えるための負担が、腹筋以外の背中や腰の筋肉、背骨と椎間板にかかるからです。

さらに、腰部の背骨が前方に凸の弯曲をしやすくなるので、腰への負担はさらに大きくなります。 デスクでパソコン操作をし続ける作業が、いかに腰痛の原因になる姿勢であるかがわかります。

腰痛になりやすい姿勢

背骨や骨盤、股関節の調整だけではなく、こうした悪い姿勢を改善することで、腰痛の痛みを引き起こす原因をなくし、その結果、腰痛が根本から改善していきます。

腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛診療ガイドラインとは、日本整形外科学会と日本腰痛学会が腰痛治療の信頼度を横断的に取りまとめた、いわば腰痛診療の手引書のようなものです。

全国の医師はこのガイドラインを参考に診療に当たっています。

その中からいくつか引用します

腰痛の治療に安静は必要か

安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持は、ベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に薬物療法は有効か

(前略)いづれの薬物も短期間の処方に限定した方が安全だろう(中略)慢性腰痛において薬物療法はさまざまな治療法の一環として使用すべきであり、薬物のみに依存した治療は望ましくない。

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に運動療法は有効か


慢性腰痛(3ヵ月以上)に対する有効性には高いエビデンス(科学的根拠)がある

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に患者教育と心理行動的アプローチは有効か
(認知行動療法)は有効か

小冊子などを用いた患者教育は、腰痛の自己管理に有効
認知行動療法は、亜急性または慢性腰痛の治療に有用である

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

※認知行動療法;人間の気分や行動が認知のあり方(ものの考え方や受け取り方)の影響を受けることから認知の偏りを修正し、問題解決を手助けすることによって精神疾患を治療することを目的とした構造化された精神療法。

腰痛診療ガイドライン まとめ

  • 薬物療法は有効だが、それに依存してはいけない。
  • たとえ急性期のぎっくり腰であろうと、ベッド上で安静にしているよりも状態に応じた適度な運動を行うべき。
  • 体だけでなく、精神面(ものの考え方や受け取り方)などの意識の改革も腰痛改善には必要。

ついでに2017年2月、アメリカ内科学会(ACP)から出された腰痛症に対する治療法の選択を補助するガイドラインもご紹介しておきます。

注目すべきなのは薬理学的な療法ではなく、複数の運動療法が推奨されていること。
痛み止めや筋肉弛緩剤といった薬に頼らず、運動療法や行動認知療法による痛みのコントロールが、生活の質や満足度といった観点からも推奨されるということでしょう。

これらの薬に頼らない療法で効果が表れなかった場合に限り、低い推奨度で非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や抗うつ薬の処方を考慮するべきだとしています。

抗炎症薬だけではなく抗うつ薬が選択肢に入っているのは、心理的・社会的な要因が腰痛の発症、悪化に深く関連していることが明らかになっているからです。

慢性腰痛患者のために、臨床医および患者は、運動、多分野のリハビリ、鍼、マインドフルネスに基づくストレス軽減(中程度の証拠)、太極拳、ヨガ、運動制御訓練、進行性弛緩、筋電図バイオフィードバック、低レベルのレーザー療法、オペラント療法、認知行動療法、または脊椎操作(低品質の証拠)を含む。 (グレード:強い推薦)。

アメリカ内科学会(ACP) :急性、亜急性および慢性腰痛に対する非侵襲的治療法

私はこれまで四ヵ所の整形外科で八名の医師の下で治療業務に当たっていました。そのときはもちろんこういったガイドラインに沿った治療を行ってまいりました。

めがね先生の整体院では更に東洋医学的な考えも取り入れた施術(経絡療法、脱力法など)を行ってまいります。

沖縄めがね先生の整体は

ボキボキしない痛みのない施術です

整体というとボキボキと背骨や骨盤を痛みを我慢して治療を受けるというイメージがありませんか?

ボキボキ強い負荷をかけて骨盤を整える整体もあるのですが、そのような強い刺激でさらに悪くなったという話もよく聞きます。

当院の整体は、整形外科的な視点から、あなたの体のクセに合わせて、痛みのない整体で全身を整えます。

腰痛の原因をしっかり検査してから整体を行います

腰痛の原因となる歪み

あなたの腰はどうして痛くなったのでしょう?たんに腰のすじを痛めただけでしょうか?もちろん腰のすじを痛めて腰が痛くはなりますが、

  • あなたの骨盤はどのように傾いているのか?
  • 骨盤の右が上がっているのか?
  • どのようにねじれているのか?
  • 左右の足の長さはどうか?
  • どのような動作によって腰が痛くなるのか?

などしっかり検査をし、あなたの体に合った全身矯正をします。

再発予防のアドバイスをします

整体をして全身のバランスが整ってくると腰痛は楽になってきます。

ただ、整体をしていれば腰痛とは一生無縁の生活が送れるかというとそうではありません。

全身のバランスが崩れるという事は、日常生活動作の中で全身のバランスが崩れる生活をしているために今のように腰部に負担が蓄積してしまうのです。

どんな生活をすると全身のバランスが崩れて腰痛になりやすくなるのか、整体が終わって全身のバランスがいい状態を保つためにはどうすればいいのか?

などをあなたの日常生活を聞きながらアドバイスをしていきます。

施術後その場で効果を実感できます

しっかりとした検査により、あなたの全身のバランスを崩している原因を把握し、それに合わせた腰痛整体を行いますので、ほとんどの方がその場で腰が楽になったなどの変化を実感できます。