1. ホーム
  2. めがね先生の思い
  3. 麻痺のリハビリを一人で頑張っている方へ

麻痺のリハビリを一人で頑張っている方へ

「麻痺」と聞くと、絶望的な気持ちになるかもしれません。なぜなら「麻痺は治療しても回復しない」というのが、従来の一般的な考え方だったからです。
ひと昔前までは脳卒中で片麻痺になると「破壊された神経細胞は再生しないから、治療しても回復はしない」との考えが常識でした。そのため、例えば片麻痺上肢のリハビリテーションであれば、麻痺のない上肢に利き手を交換させ日常生活を自立することが目標とされました。

けれど今は違います。「麻痺は治療すれば回復する」という時代なのです。
脳科学の進歩により、麻痺治療法の開発やその研究も進みました。そして脳の一部が破壊されても、損傷を免れた他の部位が損傷された部位の役割を代わりに行う性質があることが、研究の結果明らかになったのです。

つまり「一度死んでしまった神経は元に戻る事はないが、新たな神経回路を作り出すことはできる」という事です。当院では、研究結果にもとづき、麻痺した手足を正しく操作させ、その動きを反復することで、新たな神経回路を構築するリハビリを行います。

麻痺した手足を上手に正しく操作をするには、熟練した接触法と解剖学知識、正しい運動連鎖の知識などが必要になります。私にはこれまでに習得してきた技術があります。麻痺で苦しんでいる方が今よりも1cmでも多く動けるようになるよう、そしてそれを長く持続できるよう、お手伝いします。