1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. Q&Aスポーツ関連
  4. 前十字靭帯(ACL)断裂

バスケの試合で膝の前十字靭帯(ACL)断裂

こんにちわ バスケをしている高校3年女子です!

バスケの試合で左膝の前十字靭帯を断裂してしまいました。 でも、手術したら最後の大会に間に合わないので手術しないで部活を続けています。

まだ復帰はしてないんですけど、今、靭帯断裂から3ヶ月たってるんですけど、早く復帰するにはどうすればいいのでしょうか? 膝の靭帯を断裂すると膝がグラグラでストップやジャンプなどするだけで膝が内側に入り激痛が走ります。

でも、膝の靭帯がない分周りの筋肉をつけなくてはいけないんですけど、筋肉をつけられるいい方法はないでしょうか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

痛みに耐えて頑張っているんですね!

質問者さんのお気持ちはすごくわかります。当たり前ですが私も高校生でした。そして今35歳になり体もその頃に比べると衰えています。

その立場から言わせてもらうと、断裂した状態でのバスケは、将来膝痛で悩まされたり、変形性膝関節症になって最悪人工関節になるリスクが高いです。

前十字靭帯を断裂すると「半月板損傷」と「軟骨損傷」が増加します。一度損傷したり、断裂すると自然には治りません。役割は膝関節の衝撃吸収です。

それらが機能しなくなるということは将来的には外傷性膝関節症に至ることもあります。早ければ4~50代で杖を突く羽目になることもありえます。

バスケットのようなハイレベルなスポーツ活動では特に半月板損傷と軟骨損傷のリスクが高いのです。たった一日の練習でも後遺症を残すほどの損傷を受ける可能性はあります。<

私も自分の健康を意識しだしたのは30代になってからです。質問者さんは30代の自分なんて全く想像も出来ないでしょうが、その時になって、「高校生の時に無理したから膝が痛くて辛い」なんてことになったら悲しいです。

前十字靭帯断裂は一生の問題です。今後スポーツを続けるかどうかでも対応は違ってきます。それにこのまま手術をしなくても膝の負担を減らすトレーニングは続けないといけません。

主治医は断裂した状態で、トレーニングの指導もせずにバスケットを許可しているのでしょうか?もし許可したのであれば、その病院はあまりおすすめしません。

「前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン」ではバスケットやサッカーのようなカットやジャンプ動作の多いスポーツ活動への復帰は保存的治療では困難となっています。

スポーツ整形外科のある病院に行かれた方が良いと思います。

お大事にどうぞ(^-^)