1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. Q&A 美容
  4. 便秘

便秘で悩んでいます。

昔から便秘症なのですが、でたりでなかったりで…
運動やマッサージ、オリゴ糖やヨーグルトなどいろいろ試していますが、すぐ便秘になります。
便秘解消にいい ことはありますか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

便秘とは

便秘とは、一般的に大腸内に便が長時間とどまり、排便が順調に行われていない状態のことをいいます。定義として、排便回数や間隔が決まっているわけではなく、個人差があります。

一般的に排便は1日に1、2回あるといわれていますが、毎日排便していても、“すっきりしない”人もいます。このような、毎日排便があっても残便感や不快感があるときは、便秘といえます。

便秘の種類

便秘には、旅行や環境変化などで一時的におこる急性便秘、食事内容の変化や腸の機能が低下して便秘が慢性化する慢性便秘など、さまざまな種類があります。

さらに慢性便秘は、一般的に病気に由来しない機能性便秘を指すことが多く、大きく「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」「直腸性便秘」の3つに分けることができます。

弛緩性便秘

大腸の蠕動運動が弱くなることにより生じ、規則的な排便習慣がなく便を溜めておく癖のある人に多くみられます。

けいれん性便秘

弛緩性便秘とは逆に大腸の収縮運動が強すぎるためにスムースな便の移動が妨げられて排便がない状態で、ストレスなどにより、自律神経の乱れが原因といわれています。

直腸性便秘

直腸に便が達しても便意が起きず排便運動が生じない状態で、便意があるのに排便を我慢する人や、高齢で排便反射が低下している場合にみられます。

まずは病院へ

色々試されているのになかなか改善しないんですね。

程度が軽ければ生活習慣の改善で様子をみてもよさそうですが、それだけ頑張られても出ないのであれば、病院へ行かれた方がいいと思います。

なぜなら、

  • 特定の病気が便秘を引き起こすことがある
  • ある病気に対する治療薬の副作用で便秘が引き起こされることがある
  • 便秘を放置しすぎると、腸閉塞(イレウス)等の危険な症状に発展する

ということもあり得るからです。

ちなみに60歳以下の女性の場合は、ダイエット経験がある人や昼食摂取が少ない人ほど便秘が多いそうです。

一方、快便の人に共通してみられる生活習慣として、女性は「一口の咀嚼(そしゃく)回数が30回以上」、男性は「1日当たり1500ミリリットル以上の水分を摂取」を指摘する研究があります。

多くの医師は下剤の処方を除けば、

  • 水分をしっかりとる
  • 食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などを積極的にとる
  • 運動する

これらを推奨しているようです。

日本初の「慢性便秘症診療ガイドライン」

2017年10月に日本初の「慢性便秘症診療ガイドライン」が作成されました。

それによると食物繊維については、「過剰摂取は便秘を悪化させる」とし、多く摂取すればいいというものでもないようです。ですが、不足している場合の摂取については「効果あり」としているので、適量であることが大切だということです。

運動や腹壁マッサージの推奨度は低いとなっています。しかし、これは便秘に限らずどんな疾患であれ、ガイドラインをみると同じようなことが書いてあります。

鍼灸やマッサージはほとんどが推奨度Cランクで(Aが上)科学的根拠はない。のような書かれ方をします。

100%効果があるわけではないけど効果がないともいえないという曖昧な表現ですね。

それでも運動やマッサージで便秘が解消される方がいらっしゃるのも事実です。マッサージを取り入れている医師もいらっしゃいますし、実際に私も便秘の方に腹壁マッサージをしてあげて、そのおかげか?改善された方はいらっしゃいます。

ただし、しっかりと解剖学を理解したマッサージの方が効果は高く、安全だと思います。

ご自身でマッサージをして効果がないのであれば、適切なマッサージが出来るところでやってもらうと良いかもしれません。また自己流の運動も効果が薄いので行かれた際は適切な運動も教えてもらって下さいね。

少しでも参考になれば幸いです(^-^)