1. ホーム
  2. みんなの健康相談サイト(全国版)にて, 寄せられている相談に答えています。
  3. Q 息子が複合性局所疼痛症候群(CRPS)と診断されました。

Q 息子が複合性局所疼痛症候群(CRPS)と診断されました。 (埼玉都)

9歳の息子が一週間前に突き指をしました。いつものことだと思い湿布をしましたが一晩眠れず翌日整形外科を受診。軟骨が痛んでいるが、たいしたことはないと言われました。その週は早起きが続き寝不足気味だったのですが受診直後に初めて貧血で倒れました。その後も痛みが続き3日後手の甲が赤く腫上がっていたので再び受診。レントゲンにも以上はなく専門医を紹介され受診したところ初期のCRPSと診断されました。子供には珍しく気長に治療しましょうと言われ2日後に診察があります。PCで調べれば調べるほど不安になってしまいました。このまま整形外科の受診を続けてもいいでしょうか?完治することはないのでしょうか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

CRPSですか。
たしかに調べれば調べる程不安になることしか書いていないですよね。

早めにCRPSの診断をしてくれた医師には感謝すべきかもしれません。
CRPSは見過ごされてしまうこともままある病気です。 つまり、ほかの病気と勘違いされたり、たいしたことないのに騒いでいる、などと片付けられてしまうことが多いのです。そして診断が遅れれば遅れるほど、治療が遅くなり、その結果として後遺症が残りやすくなります。

ですから、CRPSはすぐに診断をして、積極的に痛みをとってあげなければならない疾患なのです。そして関節が固まらないようにすることが重要です。

10代の子もこの病気になるということです。このことは最近になって知られはじめ、注目されるようになったばかりですから、お医者さんでも知らない人が多く、見落とされてしまうことも多々あるそうです。

ですので、すぐにCRPSと診断してくれた医師を信じてみてもいいのではないでしょうか。
早く治してあげたいと焦るお気持ちは分かりますが、CRPSという病気は焦りもマイナスに働きます。心の余裕が治療には絶対に必要なのです。ですので医師が仰ったように気長にいくしかないです。

CRPSは科学的に解明されていないことがまだまだ多く、西洋医学だけでは100%の効果を期待することは出来ないのが現状です。そこで重要になってくるのが自然療法を用いた治療です。自然療法とは補完療法、代替療法とも呼ばれており、従来の治療法と併用して経絡(ツボ)などの東洋医学や心理的アプローチを行うことを指します。

病院での治療を一通り受けてみて、それでもあまり改善が見られないときは主治医と相談してそういった補完療法、代替療法をためしてみてもいいかもしれません。

お大事にどうぞ(^-^)