1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. Q&Aスポーツ関連 2
  4. ダンス

ダンスで滑膜ひだ(タナ)障害になりました。

中学3年の娘は ジャズダンス バレエ YOSAKOIと週に4日レッスンをしています。先日まで ダンスの発表会で本当に毎日レッスン(1日4Hくらい)を 2ヶ月くらい続けていました。

そのせいか?ひざに痛みがきて スポーツ医学に詳しいと評判の病院に行きました。MRIとった結果滑膜ひだ障害らしいといわれました。

先生は痛みが激しいときは ステロイドの注射をうちダンスなどのレッスンは痛くない程度にやってもいい!自分で加減しながら続けてて良いと・・・それで1ヶ月たっても かなり痛みがあるようなら内視鏡でひざを見てみる、必要なら手術・・・という説明でした。

本人はダンスのインストラクターなどダンスを職業にしたいのでダンスを続けることを優先にしたいので アドバイスお願いします。

1.先生はレッスンしても良いといいましたが 本人はストレッチも痛い というので1ヶ月レッスンお休みしたほうが良いですか?

2.最悪手術となった場合 その後ダンスなどに影響有りますか?

3.太ももなどの筋肉をつけた方が良いとあったのですが、何か良いトレーニングやストレッチなどありますか?

4.今後レッスンで気をつけることありますか?

5.ステロイドの注射はどのようなものでしょうか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

好きなものにそれだけ打ち込めることができて素敵ですね(^-^)

>1ヶ月レッスンお休みしたほうが良いですか?

痛みがあるうちはお休みした方がいいです。 私は一時間ランニングが出来て、本気でジャンプをしても全く痛くなくなるまでは無理しないように伝えています。将来ダンスを職業にしたいのであれば、体を休めることを覚えた方がいいです。

>最悪手術となった場合 その後ダンスなどに影響有りますか?

約50%の方はもともと「滑膜ひだ」はないので、とくに無くても問題はないと思いますが、やはり手術ですのでなんらかのリスクはあります。

手術後に適切なリハビリを受ければ影響はないと思います。主治医とよく相談してください。

>太ももなどの筋肉をつけた方が良いとあったのですが、何か良いトレーニングやストレッチなどありますか?

「滑膜ひだ」を大腿骨と膝のお皿で挟んだ状態で膝を動かすために、滑膜ひだに負担がかかります。

大腿骨とお皿の挟む力は体重60kgの人がしゃがみこむ場合(曲げた角度35度の時)、420kgにもなるそうです。ですので頻回に膝を深く曲げないことが大前提です。

膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)は特に鍛えておいた方がいいと思います。

ここが強いと膝を曲げるときにクッションになってくれます。ただし、力が入りすぎていたり、ストレッチが少ないと、逆に大腿骨とお皿の挟む力を強めてしまいます。

またこれらのトレーニングは質問者さんの脚の形で微妙に違ってきますので、自己流でやられるよりも、どこかでしっかりと指導をうけたほうが安全で効率が良いです。

>今後レッスンで気をつけることありますか?

リラックスすることです。体のどこかに少しでも力みがあると怪我をしやすくなります。

>ステロイドの注射はどのようなものでしょうか?

ステロイド薬(関節注射)は強力な抗炎症剤です。除痛にとても効果がある反面、副作用があります。

一般的には、ステロイド注射薬の局所投与は、同じ箇所には年間に3~4回程度、そしてステロイドを加えた注射は3ヶ月に1回以上行ってはいけないとされていますので、医師が使用するべき症状かを見極めて、用法のルールを徹底していることが重要になります。

そんなに頻回に注射はできないので、まずは痛みが出る動作を控えて、膝に影響のでない振付やトレーニングを行うほうがいいと思います。

参考になれば幸いです(^-^)