1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. Q&A 整形外科疾患2
  4. 腱鞘炎

美容師の腱鞘炎について

腱鞘炎について。女性です。美容師をしています。10年程前に左手が腱鞘炎になり、その後右手も腱鞘炎になりました。その後、しばらく美容師を辞めており、その間は使いすぎると痛む程度でした。

一年前に美容師に復帰し、最近また両手が痛み出しました。仕事中、痛いと感じることが増え、車のハンドルを切るのも痛いと感じます。

整形外科ではあまり効果を感じず、他の治療を考えています。オススメの治療法があれば教えて欲しいと思います。よろしくお願いします。

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

腱鞘炎とは

手や指を動かすための腱は、腱鞘というちょうど刃の鞘のようなものに包まれています。指や手首などを使い過ぎると、腱と腱鞘がこすれ合い炎症が起きます。

これが腱鞘炎です。

腱鞘炎の原因は、使い過ぎによるもので手や指を主に使う職業の方に多くみられます。
また、筋力が弱いと腱に負担がかかりやすいため、女性が発症する場合が多いです。

腱鞘炎には、手首付近が痛む「ドケルバン病」、指が引っかかったり曲がらなくなる「ばね指」などがあります。

腱鞘炎は治るのに時間がかかります

腱鞘炎つらいですよね。

長いこと整形外科で働いていたので、腱鞘炎で悩まれている方はたくさんみてきたのですが、治療にはほんとに時間がかかりました。

時間がかかるのには2つ理由があります。

? 腱は一度痛めると回復に時間がかかる。

? そもそもの原因が手首にかかる過度な負担なのですが、なかなかその負担を減らすことが出来ない。

>オススメの治療法があれば教えて欲しい

私自身もこの仕事を始めたころ、手首の腱鞘炎をかばいながら一日30人以上のマッサージをしていたことがあったのですが、そのときは本当につらかったです。

そんな腱鞘炎も、徹底的に「体の使い方」や「姿勢」を改善することによっていつの間にか良くなっていました。

それ以来腱鞘炎にはなっていません。正確には、痛くなりそうになったらすぐに体の使い方を見直す癖がつきました。

誘因となった作業や運動を控え、短期間の非ステロイド系抗炎症剤を処方や、リハビリテーションとして温熱療法などを指導します。症状が明らかな場合にはステロイド薬の腱鞘内注射を行います。しかし、これらの療法を数ヶ月間行っても改善の得られない症例は腱鞘切開術の適応となります。

日本形成外科学会/日本腰痛学会 :狭窄性腱鞘炎

体の使い方や姿勢の改善がカギです

筋肉をほぐしたり、ストレッチをしたり、休養することも大事ですが、体の使い方や姿勢を改善することはもっと大事なことです。

良い体の使い方や良い姿勢で動くと、自然に筋肉もほぐれるし、体の一カ所に負担がかからないようになります。

ですがそういったことを身につけるにはしっかりとした解剖学の知識が必要不可欠です。

本やネットで調べて自分で改善するのは結構大変だと思います。

おすすめは「体の使い方」や「姿勢」をしっかりと指導できるところにお近くで探すことです。
腱鞘炎はとても治りにくいので、自己流で行うよりもその方が近道です。

これらが身につけば、腰痛や肩こりといった不調も改善することが出来ます。

ホルモンバランスの乱れも腱鞘炎に大きく関係

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲンには、体の腱鞘を柔らかくし、弾力を保ってくれる働きがあります。

しかし、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減ってしまうと、腱鞘の柔軟性がなくなってしまいます。

中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、ホルモン環境の変化(妊娠、出産、閉経)、リウマチや糖尿病も関与していると考えられています。

日本形成外科学会/日本腰痛学会 :狭窄性腱鞘炎

ホルモンバランスを整えよう

産後の女性や更年期の女性が腱鞘炎を起こしやすくなるのもホルモンバランスが関係しています。

産後や更年期ではない女性の場合でも、ホルモンバランスの乱れによって腱鞘炎が起こることは少なくありません。

当院では、腱鞘炎で悩まれている女性の方にホルモンバランスの改善整体も行っています。ぜひお近くでそういった治療院を探してみてください。

少しでも参考になれば幸いです(^-^)