1. ホーム
  2. カテゴリー
  3. 整形外科疾患 part 2
  4. Q 胸郭出口症候群になりました。

Q 胸郭出口症候群になりました。 (埼玉県)

どうやら、胸郭出口症候群になったようです 以前にもなった事があり、リリカを飲んでいました 現在は湿布のみですが、薬は必要でしょうか? またストレッチも良いと聞きましたが、痛みを見ながらでしたら行っても大丈夫でしょうか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

リリカは主に神経が原因の痛みに効果がある薬です。それを処方されているということは手や腕に痺れがある状態なのでしょうか?きっとレントゲンも撮られているでしょうから「頸肋」の有無も医師は確認されているのでしょうね。

首からは神経の束が出ていてこれを「腕神経叢」というのですが、この神経の束が鎖骨の下をくぐって腕や手まで伸びていて、その神経のおかげで私たちは肘を曲げたり、手を開いたり、熱さを感じたりできています。

それが鎖骨の下のトンネルがなんらかの原因で狭くなったときに、その神経の束を絞扼(絞めつける)するために、腕や手にしびれが生じたり、それによって筋肉がやせ細ってきたりします。

そのためストレッチや筋力トレーニングをやる意味というのは、鎖骨が下がった位置で固定されないように、固くなった筋肉をほぐし、肩甲骨の重さに負けない筋力をつけることにあります。

ですが、そうは言われても具体的にどのようなストレッチやトレーニングをおこなっていいかはわからないと思います。また「頸肋」があった場合は闇雲にそれらを行うと逆に神経に対する圧を強めてしまう恐れがあります。

病院ではストレッチ等の指導はなかったのでしょうか?また生活習慣の指導、たとえば重いものを肩に担がないように、であるとか、同じ姿勢で同じ作業を繰り返さないように、であるとかそういった指導はありましたか?

もしなかったのであれば、今度は運動療法に力を入れている整形外科にいけば色々とあなたにあったストレッチなり運動を教えてくれると思います。

お大事にしてください(^-^)

Another category