1. ホーム
  2. 症状別Q&A
  3. Q&A整形外科疾患
  4. 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の治療について

MRI検査により腰部脊柱管狭窄症と診断されました。治療は痛み止めとしびれに対するビタミン剤の投与ですが、これは単に対処療法であって腰部脊柱管狭窄症の疾患を治療するものではないように思うのです。これで腰部脊柱管狭窄症が治るのでしょうか?教えて下さい。

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

腰部脊柱管狭窄症とは

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。

もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因と病態

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。

年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン

治療に納得がいっていないと不安になりますよね。

「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 」によりますと

腰部脊柱管狭窄症の症状の一部である腰殿部痛や下肢痛については「理学療法と運動療法」の組み合わせは有効とされています。

実際に私も整形外科時代は、医師の指示のもとこのガイドラインに沿ったリハビリを行っていました。

実は、脊柱管狭窄症が克服できない患者さんには、最も重要な「運動療法」が抜け落ちていることが多いのです。

運動療法は、自分の意志で手軽に取り組めるのはもちろん、体のメンテナンス(手入れ)ができ、心身の機能を維持する大変有力な治療法です。

症状の予防・改善にも悪化防止にも、大いに役立ちます。

主治医の先生がどういったお考えかは分かりませんのでなんとも申し上げられませんが、不安でしたら色々質問をされた方が良いと思います。

これまでの経験から、質問に真摯に答えて下さる先生は信用できると思っています。納得いかないのであればセカンドオピニオンを活用してもいいかもしれません。

脊柱管狭窄症に有効な運動療法

人間の背骨は、S字カーブ(ナチュラルライン)を描くことで、体の重さや衝撃を背骨全体にうまく分散させています。

しかし、長年の不良姿勢によって背骨本来のS字カーブがくずれると、腰椎の一ヵ所だけに負担が集中するようになり、そこに狭窄が生じるのです。

腰椎の負担を分散させるなら、「体幹」に注目する必要があります。

背骨や骨盤の周辺には、体幹を支える背中の多裂筋や腹部の腹横筋などの深層筋(インナーマッスル)があり、これを鍛えることが脊柱管狭窄症の克服につながるのです。

体幹をただしく鍛えるには姿勢や意識がとても重要になってきます。これらが出来ていない状態で本やテレビの情報だけで行っていると、悪影響を及ぼすこともありえます。

まずはお近くでそういったことをしっかり指導してくれるところを探してください。そのほうが安全で効果的です。

少しでも参考になれば幸いです(^-^)