1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. Q&A 美容
  4. リンパマッサージ

マッサージで壊れたリンパ

先日リンパマッサージという言葉をお聞きして、ろくに調べもせず、耳の下のリンパをゴリゴリと、強く潰しまくりました。
今もまだ痛みが残っていて、調べ直してみた所、絶対やってはいけないことで、リンパを完全に破壊してしまったようです。耳の下のリンパは顔と関係があるようで、むくんできそうで明日からが怖いです。
そこでお聞きしたいのは、完全に壊れたリンパは治るのでしょうか?一体どうすれば、どれくらいで回復しますか?

お返事よろしくお願いします。

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

お気持ちはすごく分かります。
私もこの業界に入って間もない頃は、リンパマッサージは痛いものなんだと誤って認識していました。

リンパが壊れるといったことは聞いたことがないのでなんとも言えないですが、すぐにゴリゴリすることがいけないことなんだと気付いてよかったですね!そのまま続けていたら炎症が起きて悪くしていたかもしれません。

心配でしたら病院へ行かれると安心ですよ!

リンパとは

「身体の下水管」とも呼ばれるリンパは、老廃物や余分な水分を回収する働きがあり、体内に張り巡らされています。

血液は心臓から送り出されると、全身を40秒で巡って一周しますが、リンパは、静脈角と呼ばれるリンパの最終地点に到達するまでに、フィルターの働きを持つ「リンパ節」を複数経ながら、8~12時間かけて非常にゆっくりとした速度で全身を一周しています。

そのため、リンパマッサージを行う際は、リンパの流れに沿うようにゆっくりと行う必要があります。

リンパマッサージとは?

リンパマッサージは浅い皮膚の下のリンパ管を流すことです。

皮膚と筋肉の隙間のほんの数ミリのところにあります。そんな場所にアプローチするわけですので、かける圧はさするよりも少し強め、「皮膚をずらす」ぐらいでいいのです。顔に限らず全身についても言えることです。

逆に痛いと思うほど強い力でしてしまうと、筋肉を傷めてしまいますし、毛細血管を傷つけて、内出血を起こすこともあります。

撫でるように、気持ちよい、心地よいと感じる強さでマッサージをすれば、十分にリンパの流れを促進することができます。

リンパマッサージの効果

リンパマッサージによってリンパの流れを促すことで、溜まっていた老廃物や余分な水分を排出することができます。

その結果、体のむくみやコリなどの症状を改善させる効果が期待できるでしょう。

さらに、リンパマッサージによるリラックス効果によって、乱れていた自律神経を整えることもできるといわれています。

リンパマッサージの注意点

強い力でマッサージをしない

強い力でリンパマッサージを行うのはNGです。強く押した方が老廃物がたくさん流れそうと思う方もいるかもしれませんが、リンパは皮膚の表面近くを流れているため、強い力は必要ありません。

また、リンパは非常に薄くデリケートな部位ですので、強く押すとリンパの流れを止めてしまうことも。

リンパの流れを促すためにマッサージをしているのに、これでは逆効果になってしまいます。リンパマッサージは、やさしくなでるように行うことが大切です。

リンパは流す方向が決まっていたり、圧も繊細なものなので自己流では少し難しい技術です。大事なお体の為です、しっかりと指導を受けられてから行った方が、安全で効果的です。

参考になれば幸いです(^-^)