Q ピアノで腱鞘炎(大阪府)

最近ピアノを弾いていると手首や肘がびりっとします。 昨日はズキッっと痛くなったので病院に行ったところ、 手首は腱鞘炎と言われました。
ピアノは10年以上やっているのですが、こんな経験は初めてです。 ピアノと腱鞘炎は切っても切れない関係だとよく聞くのですが、 これは一生ついてくるものなのでしょうか。
休養も必要なのですが、高校の音楽科受験も控えているので あまり休みすぎることもできません。
あと、腱鞘炎の痛みを抑える方法はありますか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

手首の腱鞘炎ですと原因は親指の使い過ぎの可能性があります。また肘には手首を動かす筋が付着しているので、手首の使い方にも問題があるかもしれません。
最近弾き方を変えたりしましたか?もし変えたのであれば、慣れない弾き方のせいで力みが発生し、上手く体の連動が使えないために負担が一か所に集中したためとも考えられます。

腱鞘炎の痛みを抑えるには痛い動きをしなければいいのです。あなたが今正しい弾き方をしているのに痛いのであれば単純に使い過ぎです。痛みが完全に引くまで休ませたら治ります。
もし間違った弾き方をしているのであれば、それを改善しないと完治は難しいです。一生続けるのであれば今のうちに改善したほうがいいです。

これは私の推測なのですが、ひょっとしたら親指主導で弾かれているのかもしれません。親指主導は手首の回旋を妨げるためおすすめしません。無理に鍵盤を抑えようとして親指と手首に力が入ります。すると腱と腱鞘の摩擦力が強まります。さらに手首の筋の起始部である肘にも負担がかかります。

おすすめは小指主導です。体の構造上前腕は小指側を中心にして回旋するので、それを妨げないように使えば無駄な力は要らなくなります。そのためには手の中の筋肉を意識して使うことです。

指には「手の中だけで完結している筋」と「前腕や肘から始まる筋」があります。前者の筋は精密動作に向いている筋ですが、後者の筋を多用すると、使用機会が減り、結果として衰えていきます。また手首や肘にも負担がかかります。

手とは別に姿勢の問題もあるかもしれないです。
そういったことまで指導してくれるところを探していってみると、案外自分の悪い癖が見つかるかもしれません。

お大事にどうぞ(^-^)