Q シンスプリントが治らない・・・疲労骨折? (東京都)

陸上部 女子です。
走ると足のスネの内側が痛くなるシンスプリントという怪我に悩まされてます。
医者に行ってしばらく休んだ方が良いと言われたので、1ヶ月ぐらい休んだら、いったん痛みが無くなったのですが、練習を再開して1週間ぐらいしたらまた痛みが再発してしまいました。
いろいろサイトで調べてみても、無理せず休んだ方がいいと書いてあったり、痛みに我慢して走らないと治らないと書いてあったり・・・ なにを信じていいのか分かりません(--;)
どうやって怪我を治したらいいのか教えていただけないでしょうか??
疲労骨折の可能性はありますか?

A 回答

はじめまして、沖縄県のめがね先生の整体院と申します、 宜しくお願い致します。

シンスプリントですか。
とても治りにくいので有名です。痛くて走れないのは辛いですよね。

しっかり休んだ方がいいですよ!我慢して走っても悪化させるだけです。

シンスプリントは長期間の休養が必要とされています。3ヵ月の休養が必要というデータがあるぐらいです。
シンスプリントには体の使い方の問題や体の構造の問題が隠れています。もしそういった問題を改善させずに、十分な休息をとらず走り続けると疲労骨折を起こしてしまう場合もあります。

疲労骨折はレントゲンでは分かりにくい場合があります。初期はとくに分かりにくいです。
私も整形外科に勤めているときは、レントゲンでは問題なさそうなのになんでこんなに痛がるのだろうと思ったことがあります。幸いなことにその時のドクターが、これはあやしいということで「MRI」をとったところ、骨折の前段階である「骨挫傷」を発見できたことがあります。しかも何人もそういう方がいらっしゃいました。

実は、シンスプリントの痛みの原因が何なのかはまだ明らかにはされていないのです。
痛みが骨膜ではなく骨そのものから来ている「骨髄が腫れ、内側から骨膜を押し上げている説」と「筋や腱そのものからの痛みという説」が有力らしいです。
どちらにしろ「衝撃吸収(クッション)能力の低下」で起こっていると考えられます。

「全身の体の使い方や意識」に問題があり、「姿勢」が崩れ、「体の力み」が生じ、それが脚の機能を低下させ、不完全なクッション機能により、負担がある筋肉の一部に集中したために起こると考えられます。また、不完全なクッション機能により、走った際の衝撃を上手く吸収できず、それが少しずつ蓄積されることにより、疲労骨折を引き起こすのです。

休養と衝撃吸収力のトレーニングを行うことです。衝撃吸収力をあげるためには体を正しく使えるようになる必要があります。
休養はあくまで痛めている部位の動きだけです。それ以外の上半身であったり、力まない為の意識のトレーニングなどは積極的に行ってください。

正直そこまで指導してくれるところは少ないとは思います。ですが、闇雲にやっても質問者さんの貴重な時間を無駄にしてしまうだけですので、頑張って探してみてください!

思いっきり走れるようになるといいですね!お大事にどうぞ(^-^)