1. HOME
  2. 症状別Q&A
  3. 身体の痛み解消
  4. 足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 踵の内側を押すと痛い
  • 歩かないと痛くない
  • 寝起きの1歩目が痛い
  • ランニングしていると痛くなってくる
  • 立ち仕事が痛くて辛い
  • 踵が地面に着地した時に痛みがある
  • 運動した後は痛みが激痛になる
  • 革靴や下駄など底の硬い履物が痛くて履けない
  • 整形外科で注射をしたが変化なし

こんな足底筋膜炎・足底腱膜炎の症状にお悩みの方は当院の施術が必ずお役に立ちます。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている足底腱膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気です。

主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多く見られます。

原 因

足底筋膜(足底腱膜炎)は、足部のアーチを保持しています。

スプリングのように荷重時にショックを吸収する役目がありますが、そのためランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかる場合、足底筋膜は繰り返しの牽引刺激によって微小断裂や炎症が発生しやすくなります。

足底筋膜炎になりやすい方の特徴

足底筋膜炎は、座りがちな生活習慣の人、かかとの高い靴を履く人、足のアーチが異常に高いもしくは低い人、またはふくらはぎの筋肉や、アキレス腱が硬い人にみられます。

普段座っていることの多い人は、通常、突然活動レベルを上げたり、サンダルなど支えの少ない靴を履いたりしたときに発症します。

足底筋膜炎は、ランナーやダンサーでも多くみられ、その理由は、そうした人では、腱膜への負荷が大きいためで、特に足の向きが悪い場合に負荷が大きくなります。

痛みを伴うこの病気は、硬い地面や床の上で長時間立っていたり、歩いたりする職業の人に多くみられます。

肥満、関節リウマチ、その他の関節炎が、足底筋膜炎を引き起こしたり、悪化させたりすることがあります。

足底筋膜炎の症状

足底筋膜炎では、足底腱膜に沿ったどの部位にも痛みが起こりえますが、痛みが最もよくみられるのは足底腱膜がかかとの骨の下側に付着する部分です。

しばしば激しい痛みを感じます(特に朝起きて最初に足に体重をかけたとき)。痛みは、5~10分以内に一時的に解消しますが、その日のうちにまた痛くなることがあります。

かかとを蹴り出すとき(歩いたり走ったりするときなど)や長時間の安静の後に、痛みが強くなることがよくあります。その場合、痛みがかかとの下側からつま先に向かって広がります。

歩いているときに、足の裏の内側の縁に沿って、焼けるような痛みや刺すような痛みを感じることもあります。

当院の3つの施術法

足の筋肉のバランス調整

「ふくらはぎの筋肉」と「足の裏の筋肉」は、かかと(踵骨)を介し適度に引っ張り合っている状態により足の裏の安定性が増し、バランスを保てています。

足の裏だけに対してアプローチするのではなく、関連部位から足の裏にかかっていた負担を取り除いていきます。

股関節・足関節の可動性を回復

一見すると離れている部分にあるので関係なさそうですが、実はもの凄く関係しているのが、この「股関節・足関節」です。

股関節の可動性を正常にすることにより必要以上に「ふくらはぎの筋肉」にかかっていた負担がなくなるので、おのずと足関節の動きもスムーズに動くようになります。

この2つの関節が正常に動くことにより、足の裏にかかりすぎていた負担が減り、症状が出なくなっていきます。

足底アーチ

3つの足底アーチ(内側縦アーチ・外側縦アーチ・横アーチ)を的確に整えていくことにより立った時の足の裏の感覚が変わり、楽に立てるようになります。

3つの足底アーチが正常に機能することにより足の裏の筋肉にかかる負担も正常になるので症状は出なくなっていきます。