1. HOME
  2. 産後ケア
沖縄めがね先生の整体院の産後ケアロゴマーク

産後、身体の辛さを悪化させないために

ご出産おめでとうございます。新しい命との新しい生活に日々奮闘されていることと思います。

産後、骨盤が前に傾いた姿勢や骨盤内の関節などの弛緩が回復しないうちに無理をすると、腰痛や頭痛、肩こりなどが悪化することがあります。そうなる前にぜひ一度当院へお越しください。

こんなお悩みありませんか?

  • 腰痛や肩こり
  • 尿が漏れてしまう
  • 痛みがあって寝返りや立ち上がるのが大変
  • 恥骨やお尻のあたりが痛い
  • 首の痛みや頭痛
  • 足のむくみ
  • 手首が痛い
  • 産後、腰回りが不安定な感じがする など・・・

上記に当てはまる方は、妊娠・出産によって体型・姿勢・筋膜の状態が変化していることが考えられます。

産後の不調の原因は?

人生において一大イベントともいえる出産を終えた女性の体内では、いろいろなことが起こっています。忙しい育児の中で、妊娠前には感じなかった不調に悩んでしまう女性も少なくないのではないでしょうか。

ストレスによる原因

慣れない育児、深夜の授乳など不規則な生活、増える家事などによりこれまでに使わなかった筋肉を使うことで体に負担がかかったり、ストレスが蓄積し自律神経の働きが乱れたりすることで生理痛や腰痛が悪化することがあります。

骨盤の状態が影響

妊娠中から、骨盤の靭帯の緩みが生じ、坐骨が開いて、出産に備えます。元に戻るまでは、産後か約2~3カ月はかかるとされています。靭帯が緩むと関節が動きやすく体の支えが不安定となり腰の筋肉で支えようとするため、腰痛が起こりやすくなるのです。

女性に多い冷え性

女性は、産後のホルモンバランスの変化や骨盤の状態、運動不足、腰周りの筋力低下が影響し、下半身の血流悪化や基礎代謝の低下で冷えを起こしてしまうことがあります。これが、産後の生理痛や腰痛の原因となる場合もあります。

当院の産後ケアとは

当院では、産後の様々な症状に対して、ソフトな手技でアプローチしていきます。心地よい刺激で自律神経の乱れを改善し、更に経絡療法によってホルモンバランスを整えます。

産後の骨盤は不安定な状態ですので、バキバキと刺激の強い矯正はしませんのでご安心ください。

骨盤が正しい位置に整えられると、筋肉、関節、内臓も正しい位置に整えられていきます。

結果として、骨盤矯正によって、生理痛、ひどい冷え性、便秘、腱鞘炎、肩こり、腰痛などの諸症状が解消していきます。

骨盤のゆがみが固定化する前に

出産後は赤ちゃんのおんぶや抱っこ、おむつ替え、添い寝、ベビーカーを押す前かがみの姿勢などで、体の左右のバランスが崩れてしまい、骨盤への負担も大きくなってしまいます。

産後骨盤矯正は産後1か月から6カ月(最適な時期)までがおすすめです。

産後の女性の骨盤周りの組織は柔らかいので、固まってしまったと身体が記憶する前に来院しましょう。(産後6カ月経過したら骨盤矯正できないわけではありません。)

当院の考える骨盤のゆがみとは

当院の考える骨盤のゆがみとは、下の図にあるような背骨に対して骨盤の傾きが左右や前後で骨格の構造上無理のある状態です。決して骨盤自体が捻じれて歪んでいるということではないです。

骨盤の傾き

よく「骨盤がゆがんでいますよ」と聞きますが、基本的に大きな外傷がない限り器質的に骨盤がゆがむことはあり得ません。 一般に骨盤骨折は生命や、大きな後遺症にかかわる外傷で、手術も非常に難易度が高く、また術中出血も多量となることもある為限られた施設でしか手術がなされていません。

一般社団法人 日本骨折治療学会 :骨盤骨折

骨盤自体が妊娠・出産で一時的に変化することはあっても、出産後に特に骨盤がゆがみやすいということはありません。「骨盤がゆがんでしまっている」と思っていることの多くは骨盤自体がゆがんでいるのではなく、骨盤周囲の関節部分に起因するものです。

また、長時間抱っこする際に楽な姿勢をとろうとしてしまうため、姿勢が悪くなってしまった状態を「ゆがみ」としてとらえているのです。

つまり、ゆがみと思っているものの正体は、普段の生活習慣・日常動作における姿勢やくせ、長時間の抱っこすることで一部の筋肉に疲労がたまり楽な姿勢をとろうとすることによるものなのです。

お一人で悩まず当院にご相談下さい。

産後のママと赤ちゃん

当院での施術を受けるだけでなく、日常に戻ったあとも、生活動作に気を配る事でよりよい効果が得られます。

ですが産後間もない時期、お子様最優先の生活の中で、正しい姿勢や意識を保つのは難しい事でしょう。

ご自身の時間がもてたとき、ストレスのない範囲で、少しずつでも意識できれば、改善への一歩となります。

お一人で悩まず当院にご相談下さい。

よくある質問

Q いつから矯正はできますか?

出産時、ママの体は、産道と骨盤を広げるためにリラキシンというホルモンを分泌し、靱帯や関節がゆるみます産後、リラキシンの分泌は減少し、子宮は回復へと向かいますが、数ヶ月の間は骨盤が不安定な状態です。

この期間にしっかりとケアをしないと、腰痛や尿漏れ、恥骨痛、下半身太りといったトラブルを引き起こす原因になるので注意が必要です。

産後すぐは、骨盤がゆるい状態でダメージを受けやすいので、産後1ヶ月健診で体に異常がないことがわかってから施術が可能になります。

Q 出産してから期間が空いても産後骨盤矯正は受けられますか?

もちろん受けることが可能です。 やはり早い時期に産後骨盤矯正を受ける方が効果は高いかもしれませんが、期間が空いたとしても施術の効果を実感することが出来ます。

Q 矯正は痛くありませんか?

痛みはありません。 当院の産後矯正は、様々なソフトな手技でアプローチし、ゆっくりとストレッチをかけるような施術なのでボキボキせず痛みはありません。

Q 1度の施術で改善するのですか?

骨盤のゆがみをその場である程度まで矯正することは可能ですが、座り方や荷物の持ち方などのクセを直さなければ、やがては元通りの骨盤に戻ってしまいます。

そのため、お一人おひとりの骨盤の状態に合わせて、生活習慣のアドバイスをさせていただくと同時に、あなたに合った通院の回数をお伝えさせていただいております。

Q 赤ちゃんも一緒に行って大丈夫ですか?

申し訳ございません。大変心苦しいのですがお断りしております。

私自身こどもは大好きですし、お母さんのご苦労も分かるのですが今のところ託児所設備はございません。施術をしながらのお子様の対応は、トラブルや、事故を招くおそれがありますのでご遠慮を頂いております。

Q 腰、首も痛いのですが、一緒に施術できますか?

出来ます。産後は特にあちこち痛めてしまうことが多いのです。私は長く整形外科に勤めていたので腱鞘炎や腰痛など体の痛みの改善も得意です。

Q 健康保険は使えますか?

骨盤矯正は、当院だけではなく全国どこでも使えません。整骨院での健康保険は厚生労働省通達により、ケガ以外の施術では使うことが出来ません。